トップページ
協会案内
会員一覧
教育活動
商品活動
入会のご案内
イベント案内
情報ライブラリ
AJS会長コラム
リンク集
もったいない0プロジェクト
食べ物と放射性物質のはなし
FOOD ACTION NIPPON みんなで食料自給率アップ
コプロ株式会社
新着情報

09.12.18 
2009年12月1日号チェーンストアエイジ(ダイヤモンド社刊)にAJSの特集記事が掲載されました。
AJSは会員企業がお互いにノウハウを情報交換し勉強する“知恵の共同仕入れ”を合言葉に、設立以来スーパーマーケットの教育活動を中心に活動しております。
今般12月1日号のチェーンストアエイジで「変わらない“知恵の共同仕入れ”が次世代イノベーターを輩出する」としてAJSが掲載され、荒井会長はじめ会員企業トップインタビュー、およびトップ経営研修会、教育・研修プログラムなどが紹介されました。

○巻頭インタビュー
  荒井伸也会長

○トップインタビュー
  株式会社ダイイチ(北海道)
  紅屋商事株式会社(青森県)
  株式会社中村ストアー(長崎県)
  株式会社ナンコクスーパー(高知県)
  JAいずもラピタ(島根県)
  他

○特別インタビュー
  北野祐次名誉会長

関連URL:http://www.diamond-friedman.co.jp/dfco/search/ProductsDetail.php?id=151&PHPSESSID=bqvedlrslkonei8m22ecgii2c5

09.12.17 
荒井伸也(ペンネーム 安土敏 著)「スーパーマーケットほど素敵な商売はない」が発刊されました。
「スーパーマーケットほど素敵な商売はない」
 荒井伸也(ペンネーム 安土敏 著)

○内容<紹介文引用>
 「生まれ変わっても、また、スーパーマーケットの仕事がしたい」。
 本書は、この一言から始まります。著者がここまでスーパーマーケットビジネスに魅了された理由。
 それは、「安全で、発展性があり、そしてお客様に喜ばれる。こんな素敵な商売はスーパーマーケット以外にはない」からです。
 スーパーマーケットビジネスの魅力と、企業の永続的繁栄を可能にするノウハウが詰まった、スーパーマーケットビジネスの入門書にして決定版!!

 スーパーマーケットビジネスに従事する人(若手から経営幹部まで)だけでなく、これから業界をめざそうという人、新入社員、そして食品ビジネスに関わるすべての人にとって必読の一冊です。

○単行本:256ページ

○本体価格:1429円(税込み:1500円)

○目 次
 はじめに 
 生まれ変わっても、また、スーパーマーケットの仕事がしたい

 第1章
 スーパーマーケットを正しく理解することから始めよう
 高級和牛も最先端の流行商品もいらない

 第2章
 強い店舗づくりと負けない出店
 店舗商圏を守りきれるのが強い企業!

 第3章
 スーパーマーケット経営の考え方
 100年後も順調に利益を生み出せるしくみ作り

 第4章
 スーパーマーケットの商品
 プライベートブランドとナショナルブランドの共存共栄が強い店を作る

 第5章
 スーパーマーケットの販売促進と接客
 接客サービスには経営の姿勢が具体的に現れる

 第6章
 スーパーマーケットの人事・教育
 生きた人事管理・教育(躾)がスーパーマーケットを強くする

 おわりに 
 スーパーマーケットで幸せになろう
関連URL:http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-09013-8

09.12.14 
第19期コプロ株式会社定時株主総会が開催されました。
去る平成21年12月10日、第19期コプロ(株)定時株主総会が開催されました。

監査報告および第19期事業報告に引き続き議案の審議が行なわれ、多数の株主各位より賛同を得、すべて承認可決されました。
 
本総会ならびに取締役会において選任され就任したコプロ役員は以下の通りです。
 取締役会長    松本光雄
 代表取締役社長 前田伸司
 取締役       中村伸一郎
 取締役       田尻 一
 取締役       前原宏之
 取締役       松本 清
 取締役       芋繩隆史
 取締役       中村國昭
 取締役       松本隆文
 監査役       曽根誠司
 監査役       秦 勝重
 相談役       井上 保
 相談役       中野義久
 相談役       蔵澄 均
 相談役       伊東栄治

09.12.12 
12月度トップ経営研修会を開催いたしました。
去る12月10日(木)〜11日(金)、12月度トップ経営研修会を開催いたしました。

○特別講演
『「CHANGE」―圧倒的シェアーNO.1を実現にした「コト」売りマーケティング 』
 アンクル・アウルコンサルティング 代表 奥 井 俊 史 様
  (元ハーレーダビットソンジャパン株式会社 代表取締役社長)
大手メーカーが軒並み苦戦を余儀なくされ、劣化する一方のオートバイマーケットのもと、ハーレーダビッドソンジャパン社は23年連続増収増益。この要因を「凡事の非凡な徹底」に取組んだことがベースにあるとし、悪化する市場環境において「豪雪地帯では冬にバイクは売れない」などの常識を打破。いかに業績を伸ばし続けたか、凡事の徹底からビジネスにおける成果への軌跡についてお話いただいた。

○「AJS・コプロの中期事業計画」発表
AJS事業ならびにコプロ事業の改革をさら進めるための手段や具体的な目標数値が事業計画として発表されました。

○店舗見学
株式会社コノミヤ「高槻店」、他参考見学

09.12.08 
改正 省エネルギー法説明会を開催しました。
改正省エネ法を受け、新たにエネルギー使用量報告義務の対象となる会員企業へ、実際にすべき作業の具体的な解説を中心とした説明会を開催しました。

○開催日
 平成21年11月20日(東京) 12月2日(大阪) 

○講師
 (株)環境経営戦略総研 取締役社長 村井哲之様 他
 経済産業省 資源エネルギー庁省エネルギー対策課様
 経済産業省 近畿経済産業局資源エネルギー環境部エネルギー対策課様

○内容
 @省エネ法改正の概要(目指すもの)
 A対象事業者の義務
 B義務遂行のために、今のうちにすべきこと
 C各提出物作成のポイント等
 D施行初年度の届出等対応の後、続けて各社がやらなくてはならないこと、その対応のためにすべきこと
 Eその他
  新政府の目標(CO2削減25%)のSMに及ぼす影響など

09.12.08 
11月度トップ経営研修会を開催いたしました。
去る平成21年11月12日(木)〜13日(金)、11月度トップ経営研修会を(株)かましん(栃木県)様の店舗を見学して開催いたしました。

○見学店舗
 (株)かましん「雀宮店」

○講 演
 SC開発戦略研究所 代表 五十嵐 正昭 様
 ヨークベニマルの経営、その根幹を貫くDNAについて、業界紙等では知る事のできない強さの秘密を内側からご講演いただきました。

○事務局発表
 「改正省エネ法について」
 改正省エネ法により新たに対象となるエネルギー使用量報告義務にあたる事業場について経営者向けに発表いたしました。

09.12.02 
平成21年12月1日付にて、新たに6社の企業様がAJS賛助会員になられました。
○株式会社インターフレッシュ(奈良県)
  (事業内容:海外の食品・菓子・飲料の輸入卸売、国内の食品・菓子・飲料の卸売)

○協同乳業 株式会社(東京都)
  (事業内容:牛乳・清涼飲料・発酵乳・デザート等の製造販売)

○棚橋工業 株式会社(岐阜県)
  (事業内容:店舗用陳列什器、販売促進什器等の製造販売)

○富永貿易 株式会社(兵庫県)
  (事業内容:輸出入業、国内販売・委託売買および代理業、食品加工業)

○マルコメ 株式会社(長野県)
  (事業内容:味噌・醤油の製造販売、食料品の加工・販売)

○株式会社 マルモ青木味噌醤油醸造場(長野県)
  (事業内容:味噌・醤油・糀・農産物加工保存食品の製造販売)


■平成21年12月1日現在 AJS賛助会員339社

09.11.26 
台湾全聯實業股分有限公司様が来局されました。
 11月26日、台湾のスーパーマーケットで、No1のシェアを誇る「全聯實業股分有限公司」蔡総経理、陳副総経理、初特別助理の3名様が幣協会事務局へお越しになりました。
 お互いの国内の流通業界の状況やAJSの活動についてのご紹介等、活発な情報交換ができ、今後は友好関係を築いていくことを確認しました。
関連URL:http://www.pxmart.com.tw/

09.10.29 
「食品ロス削減に向けた国民フォーラム」にAJS会員企業 西山寛商事株式会社 専務取締役古山勇起様がパネリストとして登場されました。
10月20日 主催:(財)食品産業センター、共催:農林水産省

西山寛商事株式会社 専務取締役 古山勇起様がパネリストとして登場されました。

東京農業大学の牛久保明邦先生より、食品ロスの現状として、日本では今食用に向けられる農林水産物9100万tのうち、500万〜900万tもの食品がロスとして廃棄されている現状をわかりやすく解説されました。
スーパーマーケットとして取組み現状を古山専務は、
 @食品ロスを発生させず売り切るという社員の意識付け
 A縦割りの部門運営から部門を越えて売体を変更し商品化していく仕掛け
  (売れ残る前に惣菜などに加工するなど)
 Bそれでも発生する残さは、自営の堆肥工場→直営農場→収穫し店頭へ という
  循環型食品リサイクルの自社事例を紹介されました。

また、AJSグループでの環境問題を取り上げた経営者研修会をきっかけに、サイズが揃わないという理由だけで産地では山が朱色に染まるほど廃棄されているみかんをAJSの仲間で調達し今や県からもバックアップを受けている事例を紹介されました。

参加者の消費者からは、企業が経費増を覚悟でこのように努力しているのであれば、消費者も利己的ではなく利他的な意識で努力する必要がある。食品ロスの現実をあまりにも知らなかった。産地での廃棄を減らせば自給率は上がるのではなどの意見が出された。

最後に食品ロスを研究している学生からこのフォーラムの参加者は、もともと興味を持たれて意識の高い方々で、参加しない多数の方にどのように正しい情報を伝えるかが重要。特に日々接するスーパーマーケットの現場でこのような情報を適切に提供いただけると助かるという意見が出され、多くの参加者の共感をよびました。
フォーラムの最後に、牛久保先生より生活者が簡単にロスを削減する方法として、毎週冷蔵庫の中の残り物をかき集めて、お好み焼きを作るだけでも食品ロスは確実に減る「大阪からお好み焼きで食品ロス削減運動」が提唱され閉会しました。

○経営者研修会で紹介され参加者が感動したリオ環境サミットの伝説のスピーチ
≪概要≫
1992年6月。ブラジル、リオ・デ・ジャネイロでの「環境と開 発に関する国連会議(環境サミット)」に集まった世界の指導者たちを前に、たった12歳の少女、セ
ヴァン・スズキは伝説のスピーチをした。
関連URL:http://www.youtube.com/watch?v=C2g473JWAEg

09.10.16 
AJS北野名誉会長が、商人ねっと鰍フCDオーディオセミナーに登場いたしました。
このたび商人(アキンド)ねっと株式会社様より、荒井伸也会長に続き、北野祐次名誉会長のCDオーディオセミナーが発売されました。

○CDオーディオセミナー Vol.14 「スーパーマーケットの真髄を語る」
   北野祐次氏 株式会社関西スーパーマーケット 名誉会長
           オール日本スーパーマーケット協会名誉会長

○内容<商人ねっと蒲l紹介文より)
  日本のスーパーマーケットの基盤を作った北野祐次氏。
  どんなにいい仕組みを考えたとしても、結局それを実行してくれる人がいるかどうかが重要であり、集まった
  人達が、想いを一つにして「和」の精神のもと、「チームワーク」を発揮して進めてくれることが必要なのだと、
  北野氏は説いた。
 
このCDオーディオセミナーは、商人の魂をもったジャーナリスト鰹、人舎 代表取締役社長 結城義晴氏が、時代の潮を握る人物「知識商人」にインタビューする人気のCDセミナーシリーズです。
関連URL:http://www.akindonet.com/genki/

09.10.05 
平成21年10月1日付にて、新たに1社の企業様がAJS賛助会員になられました。
三谷商事 株式会社 様
(事業内容:システム開発・サポート)

(平成21年10月1日現在 AJS賛助会員333社)

09.10.02 
店長を対象とした新しい出張講座がスタートしました。
店長・副店長、店長候補者を対象にAJSでは新たな出張講座を本格スタートし、第1回をAJS会員企業 (株)スーパーアルプス様(東京・八王子市)にて開催いたしました。
 
この出張講座は、現場の最前線でお客様からのご意見、お問い合わせ等に直面する店長・副店長の対応能力向上を目的としております。
 
迅速・的確に対応し、状況に応じた誠意ある措置のために、身に付けておくべき知識・対応を実践に即してAJS渉外担当顧問が講義いたします。

 

09.09.18 
AJS荒井会長が、商人ねっと鰍フCDオーディオセミナーに登場いたしました。
このたび商人(アキンド)ねっと株式会社様より、荒井伸也会長のCDオーディオセミナーが発売されました。
 
このCDオーディオセミナーは、商人の魂をもったジャーナリスト鰹、人舎 代表取締役社長 結城義晴氏が、時代の潮を握る人物「知識商人」にインタビューする人気のCDセミナーシリーズです。

このオーディオセミナーには、荒井会長自身の体験とその理念、そしてスーパーマーケットの社会的機能と将来性についての熱い思いが収録されております。

関連URL:http://www.akindonet.com/genki/audio/audioseminor.html#vol13

09.09.15 
株式会社ナンコクスーパー様の「イキイキデー」の取組がNHK「おはよう日本」で紹介されました。
AJS会員企業 株式会社ナンコクスーパー様(高知県)では、高齢者向けのサービスとして毎週金曜日と毎月15日を「イキイキデー」とし、65歳以上のカード会員様にポイント5倍のサービスを実施されています。

ナンコクスーパー様では、お客様のうち30%が65歳以上であることに注目して、「イキイキデー」を企画されました。当日はポイントサービスだけでなく、ご年配の方が好まれる品揃えや、少量パック商品、カット商品などの充実を図られています。

こうした取組がこの度、NHKの朝の情報番組「おはよう日本」で取上げられ、9月8日(火)に放送されました。

(株)ナンコクスーパー様のホームページ↓
関連URL:http://www.nankokusuper.net/

09.09.14 
株式会社とりせん様が、環境省策定の「エコアクション21」を認証取得されました。
AJS会員企業 株式会社とりせん様(群馬県)では、従来より循環型社会の実現を目指し、容器包装の店舗回収やリサイクルの推進、ならびに省エネ運動に取り組んでおられます。

同社がこのたび、本社および館林市内・太田市内・大泉町内の10店舗において、環境省が策定した環境マネジメントシステム「エコアクション21(環境活動評価プログラム)食品関連部門」を認証取得されました。

今後は環境コンプライアンスの確実な遵守、環境保全、環境負担低減への継続的な取り組み、「環境レポート」による定期的は情報公開を通じて、企業市民としての環境保全活動を行ない、住み良い街づくりに貢献する企業を目指されます。

○「エコアクション21」とは:
エコアクション21認証・登録制度は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく、事業者のための認証・登録制度です。
詳しくは下記URL↓
関連URL:http://www.ea21.jp/eco21/eco01.html

09.09.01 
「8月度トップ経営研修会 秋期グロサリー・用度合同研修会」を開催いたしました。
去る8月28日〜29日パン パシフィック 横浜ベイホテル東急にて「8月度トップ経営研修会 秋期グロサリー・用度合同研修会」を開催いたしました。

○AJS商品活動報告
(1)AJSグループの商品戦略
NBとPBとの2つの側面からなるAJSグループ商品戦略。NB商品集中販売企画、NB商品とりまとめ企画、そしてグループの戦略商品「生活良好」ならびにAJSオリジナル商品など、今後の計画・取り組みや新商品について政策発表いたしました。
(2)販売支援活動
「くらし応援企画」を9月と4月に実施。毎月の「いち推し」企画も10月からリニューアルし、解りやすく、取り組みやすい企画に変更する計画を発表いたしました。
(3)展示会のみどころ
品質管理、AJSの教育活動を含めてAJSコプロの活動が丸ごと解る展示会にリニューアル。

○特別講演
「世界の食糧事情 〜これからの課題と展望〜 」 伊藤忠商事(株)取締役会長 丹羽 宇一郎 様
〔講演要約〕主な食糧の原料がほとんど輸入という先進国では稀有な食糧自給率の低さ、それに無頓着なのが日本である。日本のように水と光と土に恵まれた国も珍しいが、農地や農業人口の減少は危機的な状況。今、肥料・栽培方法・土壌改良・品種改良など農業こそが先端科学の結晶で、それができるのは先進国である。これからは農業(特に日本風土に最適な米)を、最先端の技術や事業経営として政策的に推進し、輸出産業とすることが重要である。

○講 演
「ネットスーパーのオペレーションと課題」(株)ネッツ・パートナーズ様
ネットスーパーの「ニーズはどこにあるのか」「ニーズがあったとして、具体的に運用できるものなのか」「採算はどうなのか」を実績に基づいたデータと具体的な運用。生活を「支えてきた」スーパーマーケットは、生活を「豊かにする」ことを期待されている。次のネット社会で勝つのはスーパーマーケットである、という内容の講演会であった。

09.09.01 
「平成21年AJS秋期商品・用度合同展示会」を開催いたしました。
回を重ねるごとに盛況となっております「商品・用度合同展示会」ですが、今回の展示会はAJS/コプロの商品活動を、「よりわかりやすく」「より詳しく」 「より満足いただける」ように内容をリニューアルして開催いたしました。

なかでも新しい試みとして、AJS/コプロの展示スペースを大幅に拡大。食品/日配/菓子/雑貨 各ブース毎に担当者が新商品、今後の活動をアピールしました。さらに、商品・用度品だけでなく「品質管理体制」「AJS教育活動」「AJSサイト活用方法」をAJS会員企業様に周知いただき、理解・体感していただくブースも設けました。

展示会同時開催の勉強会では、「PBの役割と効果的な販売方法について」事務局スタッフが解説するなど、今回は、AJS/コプロの改革第一歩となった展示会として、会員企業・お取引先様から大変ご好評をを得て成功裡に終了いたしました。

○開催日
平成21年8月28日(金)

○開催場所
パシフィコ横浜 展示ホールB


09.08.07 
AJS会員企業 西山寛商事株式会社(京都府)の 専務取締役 古山勇起様が、「食品ロスの削減に向けた国民フォーラム」へパネリストとして参加されます。
(財)食品産業センターでは「食品ロスの削減に向けた国民フォーラム」を、東京、名古屋、大阪、福岡の4会場で開催されます。

このフォーラムの大阪会場にて、AJS会員企業 西山寛商事株式会社(京都府)の 専務取締役 古山勇起様が、パネリストとして参加されます。

 ・大阪会場:平成21年10月20日(火)14:00〜16:20 國民会館武藤記念ホール(大阪市中央区)

フォーラムの趣旨は、食品製造から消費に至るフードチェーンの各段階において、様々な要因で食品ロスが発生してる昨今の環境を踏まえ、(財)食品産業センターが農林水産省と共催し、食品ロス削減を図るためには食品関連事業者と消費者とが認識を共有して取組む必要があるということです。

   *食品ロスとは...食べられるのに食べ残されたり廃棄されたものをいいます。

※「食品ロスの削減に向けた国民フォーラム」の詳細は下記URLからご覧ください。
関連URL:http://www.shokusan.or.jp/index.php?mo=topics&ac=TopicsDetail&topics_id=447

09.07.28 
AJSチェッカーフェスティバルのニュースが、世界各国に向けて配信されました。
去る7月開催の第5回AJSチェッカーフェスティバルの模様が、ニュースとして世界各国のテレビ局に向けて配信されました。

その内、フランスの放送局「フランス2(ドゥー)」では7/25(土)のニュースで放映されました。

ロイター通信の映像を下記URLよりご覧いただくことができます。
関連URL:http://www.reuters.com/news/video/popup?videoId=108518&videoChannel=1004&pos=19.666

09.07.26 
AJS専務理事が交代しました。
このたび、専務理事 油 座 栄 が7月15日付をもちまして退任し、後任に 松 本 光 雄 が就任いたしました。

今後もご高誼ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

09.07.24 
コプロ品質管理勉強会を開催しました。
コプロ(株)では、去る7月23日、生活良好商品をはじめとするコプロ取扱商品の製造メーカーを対象に「品質管理勉強会」を開催いたしました。

商品の安全性・信頼性について、品質・生産工程管理の向上や改善が強く求められている昨今、品質管理に関してこれまで以上に周知徹底をお願いしさらに、「お客様に信頼いただける商品を提供する」ことを目的として実施いたしました。

09.07.09 
第5回AJSチェッカーフェスティバル、7月度トップ経営研修会を開催いたしました。
去る7月8日〜9日、神戸ポートピアホテルにて、「第5回AJSチェッカーフェスティバル」「7月度トップ経営研修会」を開催いたしました。

チェッカーフェスティバルは、AJS会員企業から選抜された43社43名のレジチェッカーが「基本的な技術」の体得をベースに、臨機応変な接客ができるかという「応用力」や、笑顔や温かさといった「好感」がもてるかどうかなど、普段の業務から培った接客力を披露し、会場からは暖かい拍手が送られました。

また2日目は、フェスティバル優秀賞受賞者の演技を映像で振り返り、AJSチェッカートレーニング講師が「学ぶべき点」をコメントし、レジチェッカーはもとよりトップの方も真剣なまなざしを向けておられました。

また、僧侶・アナウンサー・華道家 川村 妙慶様より「楽しくなる人間関係 〜聞き上手は伝え上手〜」と題してご講演いただきました。

※チェッカーフェスティバル概要は、以下URLからご覧いただけます。
関連URL:http://www.ajs.gr.jp/educate/educate05.html

09.06.24 
「食品リサイクル法 定期報告書説明会」を開催いたしました。
平成19年12月に改正された食品リサイクル法により、食品廃棄物等の発生量が年間100トン以上の食品関連事業者(食品廃棄物等多量発生事業者)は、毎年度、主務大臣に、食品廃棄物等の発生量および食品循環資源の再生利用等の状況を定期的に報告することが義務づけられました。

その第1回の定期報告提出期日を前に、去る5月20日(東京開催)および6月22日(大阪開催)の2回にわたり、改正食品リサイクル法に伴う「定期報告」の説明会を開催しました。

講義では、食品リサイクルの必要性・真の目的から、定期報告の計算方法・作成方法まで具体的な内容にて開催いたしました。
 
○講師:(株)ガイアドリーム 代表取締役 志岐 秀明様

09.06.22 
株式会社サンプラザ 山口 利昭社長が「第5回市民公開フォーラム」においてパネリストを務められました。
大阪府富田林市すばるホールにて開催された「「第5回市民公開フォーラム」において、『地産地消と地域農業』をテーマにパネルディスカッションが行なわれ、株式会社サンプラザ 山口 利昭社長が地域に貢献する同社の様々な取り組みについて発表をされました。

09.06.16 
AJS第47期定期総会を開催いたしました。
6月11日〜12日、東京ドームホテルにて「AJS第47期定期総会」を開催いたしました。
総勢384名にお集まりいただき、第47期事業報告・決算報告、第47期事業計画・予算案等について審議、了承されました。
また、役員改選を行ない新役員が選任されました。新任役員として(株)コノミヤ様と(株)中村ストアー様が就任いたしました。

○特別講演
 小宮コンサルタンツ 代表取締役 小宮 一慶様
 『先が見えない時代に変化を読みとる経営の視点』

○事務局からの発表
 『AJSの教育活動について』
   〜新たな取組み〜
 
○新役員
 会 長   荒 井 伸 也
 副会長  株式会社関西スーパーマーケット
 副会長  サミット株式会社
 副会長  株式会社とりせん
 副会長  株式会社ヤマナカ
 理 事   株式会社スーパーアルプス
 理 事   株式会社コノミヤ    <新任>
 理 事   株式会社セブンスター
 理 事   株式会社ダイイチ
 理 事   株式会社中村ストアー<新任>
 理 事   株式会社マツモト
 理 事   株式会社マツヤスーパー
 監 事   株式会社田子重
 監 事   紅屋商事株式会社

09.06.05 
平成21年6月1日付にて、下記4社の企業様がAJS賛助会員になられました。
アンド栄光株式会社 様
  (洋菓子、アイスクリームの製造販売)
株式会社正直屋 様
  (菓子の卸売)
株式会社ショクリュー 様
  (水産物の輸入および和洋日配品、惣菜など加工品の卸売)
ブルドックソース株式会社 様
  (ソースの製造販売)

(平成21年6月1日現在 AJS賛助会員332社)

09.06.05 
サミット様が「地球がよろこぶボーナスポイントセール」を実施されます。
会員企業 サミット(株)様<東京都>が「環境にちょっといいことキャンペーン」の一環として「地球が喜ぶボーナスポイントセール」を実施されます。

セール終了後、対象商品の販売金額の一部を森林整備活動に寄付されます。

※詳細は下記URLからご覧ください。
関連URL:http://www.summitstore.co.jp/news/090602.pdf

09.05.26 
会員企業 西山寛商事様(京都府)が、NHK総合テレビ「ルソンの壺」で紹介されました。
去る5月24日(日)NHK総合テレビ「ビジネス新伝説 ルソンの壺」で、会員企業 西山寛商事株式会社様(京都府)の独自商品の開発・取り組み、お客が楽しめるように工夫された売り場づくりなどが紹介されました。
関連URL:http://www.nhk.or.jp/luzon/schedule/backnum/090524.html

09.05.15 
5月度トップ経営研修会を開催いたしました。
去る平成21年5月13日〜14日、5月度トップ経営研修会を開催いたしました。

○店舗見学:
(株)天満屋ストア「ハピーズ大安寺店」様

○ケーススタディー発表:
(株)天満屋ストア様における「物流センターの取組み」

09.04.28 
新型インフルエンザ発生に伴う対応を行なっております。
このたびの世界的な広がりを見せる豚インフルエンザについて世界保健機関(WHO)が警戒レベルを「フェーズ4」に引き上げたことを受け、当協会といたしましても、農林水産省と連携し緊急連絡体制を設けました。
 
また、AJS会員企業へ「対応マニュアル」「備蓄品リスト」を4月28日付にて案内し、各企業における適切な対応を啓蒙いたしております。

今後も行政と連携し随時、情報収集・情報提供を行なってまいります。

下記に食品安全委員会の資料を掲載しています。

関連URL:http://www.fsc.go.jp/sonota/butainflu_iinchokenkai_210427.pdf

09.04.14 
荒井会長著書「小説スーパーマーケット」が文化庁プロジェクトにより選定され、英訳出版されました。
明治時代以降の日本の優れた文学作品を海外に紹介することを目的に、2002年に文化庁が開始したプロジェクト「現代日本文学の翻訳・普及事業」(Japanese Literature Publishing Project:JLPP)において、その約100作品中に荒井会長(ペンネーム:安土敏)「小説スーパーマーケット」が選定されこの度英訳出版されました。
これまで、米国の小売業(SM)を日本語訳した書籍は存在しますが、日本のSMを題材にした英訳本としては、おそらく他にはなく、日本のスーパーマーケットの実態について欧米の方々がどのような感想を抱かれるのか期待されます。
関連URL:http://www.jlpp.jp/book/detail.html?b_id=3

09.04.14 
4月度トップ経営研修会を開催いたしました。
去る平成21年4月9日〜10日、会員企業(株)関西スーパーマーケット「大社店」「広田店」様を見学して、4月度トップ経営研修会を開催いたしました。

○AJS事務局発表:
「(株)関西スーパーマーケット様の新たな取組みについて」
 
○講 演:
「SM経営者のための内部統制について」
公認会計士 税理士 アクア・アンド・カンパニー(株) 代表取締役社長 平野 量夫 様
内部統制を中心としたリスク管理、商品管理など、企業として求められるレベルが高まるなか、具体的な作業方法、成果物イメージおよびその業務効果などをお話いただきました。


09.04.09 
新入社員訓練研修会を開催いたしました。
開催日:平成21年3月26日〜28日<2泊3日>

テーマ:「“学生時代との訣別”組織で行動するためには何が必要か」

内容:社会人の基本として身につけるべき挨拶・規律訓練(発声練習・正しい挨拶、身だしなみ)
    学校と社会の違い(社会人としての心構え・マナー)
    スーパーマーケットの役割・基礎知識

09.04.01 
平成21年4月1日付にて、下記の5社の企業様がAJS賛助会員になられました。
カメヤマ 株式会社 様
 (ローソク・線香・キャンドルの製造販売)
キリンビバレッジ 株式会社 様
 (清涼飲料その他の飲料の製造販売)
株式会社 くばらコーポレーション 様
 (各業界向け各種スープ、たれ、調味料等の製造販売)
中山物産 株式会社 様
 (米穀全般の卸売販売等)
株式会社 雪国まいたけ 様
 (きのこ、もやし、納豆等の生産販売)

(平成21年4月1日付現在 AJS賛助会員数328社)

09.03.31 
3月度トップ経営研修会を開催いたしました。
去る3月12日〜13日「3月度トップ経営研修会 」を、AJS会員企業(株)いちやまマート様(山梨県)の「イッツモアSC増坪店」と「イッツモアSC玉穂店」を見学して開催いたしました。

今研修会では「改正温対法」および「省エネ法」をテーマに講演会を行ないました。

○講演1 : 環境省関東地方環境事務所 環境対策課

平成21年4月より施行される「温室効果ガスの排出抑制による地球温暖化防止」を目的とした、改正地球温暖化対策推進法(いわゆる改正温対法)について、施行の意義と今後のロードマップについてお話をいただき、今回の改正で規制の対象となる特定排出者の定義が事業所単位から企業単位に変更となり、5店舗程度のチェーンストアであれば規制の対象となることをご説明いただきました。

○講演2 : 省エネ法・温対法対応と戦略的「環境経営」株式会社環境経営戦略総研 取締役社長 村井哲之様

改正省エネ法・温対法の違いについてご説明いただき、1992年リオデジャネイロ・サミットでの12歳の少女セヴァン・スズキの心を打つ環境保護を大人たちに訴えるスピーチが、低炭素社会に向けての舵を大きく切ったことをご紹介いただきました。また、これから最も重要になる環境経営には、従業員の心(情的資本)がもっとも重要であることを会員企業3社の取組事例を元にご講演いただきました。

09.03.24 
特別企画「環境対策研修会」を開催しました。
去る平成21年3月4日(水)〜5日(木)『スーパーマーケットで発生する廃棄物の基礎知識とリサイクルの実例』をテーマに「環境対策研修会」を開催いたしました。

この研修会はスーパーマーケットで発生する廃棄物について学び、関連法規の遵守およびリサイクル活動の推進を目的とした特別企画です。

ケーススタディ−発表では、(株)とりせん<群馬県>様より、循環社会形成のための食品リサイクルへの取組みなどについてご発表いただきました。

また(株)ガイアドリーム 代表取締役 志岐秀明様より「廃棄物基礎知識」として、廃棄物の種類・スーパーマーケットの廃棄物関連法規についての解説・廃棄物におけるリスクと管理などのご講演をしていただきました。

09.02.27 
米国フェニックスSM視察セミナーを開催いたしました。
本年度も「米国フェニックスSM視察セミナー」を開催いたしました。
(1班:平成21年2月3日〜9日、2班:平成21年2月10日〜16日)

各業態の役割の確認、および、ウォルマート、クローガーに代表されるナショナルチェーンと厳しい競争を繰り広げている地元ローカルSMチェーンの“バシャズ”を見学、店長インタビューを通じて、ご参加の方々には「スーパーマーケット本来の役割」「各企業は何を“武器”に戦っているか」を考えていただきました。

また、現在の米国における、最新の潮流、多様化する消費者ニーズに対応する個性溢れるスーパーマーケットも見学し、講義、ミーティングを通して「自社で活かすこと」を見出せる内容で開催いたしました。

  □見学店舗:バシャズ、ウォルマート
          ホールフーズ、フレッシュ&イージー他
  

09.02.25 
平成21年AJS春期商品展示会 開催報告
 去る2月19日、京都市勧業館みやこめっせにて、「平成21年AJS春期商品展示会」を開催いたしました。
 
 当日は2月度トップ経営研修会ご参加者をはじめ、会員企業各社のトップ、商品部をはじめとする450名を超える方々にご来場いただきました。出展企業も340社387コマと、大変盛況な展示会となりました。

 AJSの展示会は「情報発信」をテーマに、より良い情報を会員企業各社に共有いただくことができるよう取り組んでおります。今回の展示会では、商品の展示はもちろんのこと、「出展社セミナー」と題し出展メーカー様8社のご協力のもと、商品情報・販促情報について勉強会を開催いたしました。

 また、6月に創刊15周年を迎えるPR誌「生活良好」の15周年記念企画として、読者投稿による生活良好商品を使ったレシピコンテストについてもご紹介いたしました。

09.02.25 
2月度トップ経営研修会 春期グロサリー合同研修会 開催報告
去る2月18日〜19日、京都ホテルオークラにて「2月度トップ経営研修会 春期グロサリー合同研修会」を開催いたしました。
 
特別講演として株式会社ワコール様より、「ワコールにおける人間科学的ものづくりについて」と題して、数々のヒット商品を世に送り出した同社の企業姿勢や、商品開発のプロセスをご講演いただきました。

また、システムズリサーチ 吉田繁治様より、「PB開発の成功条件」と題し、PBを取扱う企業としてどうあるべきかをご講演いただきました。

事務局からは平成20年度の商品活動の報告があり、会員企業様からは昨年実施した「生活良好販売コンクール」の店舗モチベーションアップ成功例をご発表いただきました。



         

09.02.05 
日本食糧新聞 臨時増刊号として「オール日本スーパーマーケット協会 経営戦略特集」が発刊されました。
AJSは、スーパーマーケットのノウハウ情報の交換を最大の目的として「知恵の共同仕入れ」を合言葉に46年。PB商品においても「価値あるものを普段のくらしに」をコンセプトに昨年開発35周年を迎え、このたび、日本食糧新聞社より 臨時増刊号として「オール日本スーパーマーケット協会 経営戦略特集」が発刊されました。
関連URL:http://www.nissyoku.co.jp/specialnumber/2009/ajs2009/ajs2009.html

ページトップ