荒井伸也
経済小説家・文筆業・経営コンサルタント
オール日本スーパーマーケット協会会長
財団法人流通経済研究所理事
社会医療法人河北医療財団 評議員
学校法人中内学園 リテール科学研究所 客員教授

略歴
1960年(昭和35年)
1970年(昭和45年)

1994年(平成6年)
2001年(平成13年)
2003年(平成15年)
2004年(平成16年) 
東京大学法学部卒業。住友商事(株)入社。
(株)サミットストア(現サミット(株))に転出。
創業(1962年)以来欠損続きだった同社を指導再建。
同社社長就任
同社会長、オール日本スーパーマーケット協会会長就任
同社最高顧問就任
同社退社

文筆歴
ペンネーム安土敏(あづちさとし)で、1981年「小説流通産業」(後に『小説スーパーマーケット』と改題し講談社文庫収録)を日本経済新聞社から出版、小説家としてデビュー。
この作品は、伊丹十三映画「スーパーの女」の素材のひとつとなった。

ほかに《小説》としては、
 ・「企業家サラリーマン(講談社文庫)」
  テレビ朝日でドラマ化され、テレビジョンATP賞特別賞受賞。
  1991年英訳(カリフォルニア大学出版部)。1993年中国語訳。
 ・「ライバル(日経ビジネス人文庫、2004年)」
 ・「償却済社員、頑張る(講談社、2003年)」
 ・「後継者(ダイヤモンド社、2008年)」

《評論》としては、
 ・「日本スーパーマーケット原論(ぱるす出版)」。1992年中国語訳。
 ・「安売り礼賛に異議あり(東洋経済新報社)」
 ・「ビジネス人生・幸福への処方箋(講談社文庫)」
 ・「日本スーパーマーケット創論(商業界)」
 ・「スーパーマーケットほど素敵な商売はない(ダイヤモンド社)」

中央公論、日経ビジネス、日本経済新聞、読売新聞、東京新聞などに執筆多数。


賞罰
1995年(平成 7年)
2003年(平成15年)
2004年(平成16年)
紺綬褒章
藍綬褒章
食品産業功労賞
閉じる